木原 朋子 Tomoko Kihara  (箏・三味線)

 1986年、広島県生まれ。幼少よりピアノを始める。中学よりを、高校より地三味を始める。エリザベト音大学卒業、同大学院修士課程修了。
 2000年、曲コンクルにて賞。2004年、曲院教師資首席合格、曲院会長賞賞。同年、NHKディション合格、エリザベト音大学ザビエル賞、エリザベト音大学セシリア賞。2009年、エリザベトコンサ京公演に出演、アフィニス音祭にてHariolf Schlichtig氏と共演、ピアノフェスティバル山口釜山公演にゲスト出演、エリザベト音大学弦合奏定期演奏会にゲスト出演、山口フェスティバル山口釜山公演ゲスト出演。2010 年、NHK新春コンサトにて京シティフィルハモニック管弦楽団コンサトマスタ哲夫氏と共演、日本APEC級実務者会合にて迎演奏、ハノバの日コンサト、少年国平和未来会ヒロシマ2010広島市植物公さくらコンサト、その他、広島市からの依演奏を多数める。2011年、Kammerphilharmonieひろしま日独交流150周年念コンサトにて、ソリストとして
広島ドイツ(ドナウハレフライブルクベルリン)公演に出演。 同年、Diego Jascalevich氏のプロジェクト「WORLD OF STRINGSドイツ国内(ゾストフランクフルトカッセル)デュオツアに参加する。2012年、若い芽を育てる会牛尾シズエ特別賞賞。19賢順記念全国曲コンク銀賞及び福岡県知事賞。20138月、佐藤雄氏プロデュス「welt in einklang ~世界の音がひとつになる~」広島京公演出演。1011月、Diego JascalevichYusupha Kuyateh氏と「WORLD OF STRINGSドイツ国内トリオツアに参加する。2014年、Aachen Guitar Festivalから招待を受け参加。2015、橋本眞秀氏のプロジェクトの箏奏者に抜擢され、ピーター・アースキン(Peter Erskine)、アラン・パスクア(Alan Pasqua)、ダミアン・アースキン(Damian Erskine)、タイガー大越らとレコーディングに参加。その他、HFMNHK-FMNHK広島TSSテレビ新広島等での番組出演、演奏も行う。
 エリザベト音楽大学在学中より、主に邦の古典作品を研究する傍ら、々な洋器とのコラボレション、代音ユニットへの参加、学外においてもノンジャンル即ユニットへの参加、Bossa Nova Latin Jazz Projectに参加する等、ジャンルに囚われずの可能性を探り、現在に至る。

 これまでにを、若史子、脇節子、井一村慎太郎の各氏に事。

 現在、曲院教師、比治山女子中学高等学校非常勤講師、エリザベト音楽大学非常勤講師。